バナー1_edited_edited_edited.jpg

個展 afuleru. 2021

これは、とある男性が、
趣味でも仕事でも無くはじめた、小さな芽を育てるような活動です。

 

gallery+cafe blanka @nagoya

Solo exhibition_1.jpg
Solo exhibition_2.jpg
Solo exhibition_3.JPG
Solo exhibition__4.jpg
Solo exhibition_5.jpg
Krebs Cycle image.png
 
IMG_9554.heic

megulu

いつから、分けていたのだろうか。
臓器を傷めるほどの勝負も、
花を愛しむような安らぎも、
繋がり、巡り、あなたをつくる。

 

wakitatsu

飛び交う情報に、
刺激を受けてしまう。
豊かにはなっているけれど、見失ってしまう。
喜び、怒り、哀しみ、楽しみ。
織りなす体験が、考えを生み、人は考える。
忘れない、湧き立つあなたを。
感じてほしい、本当のあなたを。

IMG_9557.heic
 
IMG_0283_edited.jpg

misuelu

潮のかおりを求めて歩き、先を見据える。
捨てて、少しだけ、上を向く。

 

hilaku

拓くのは自分次第。

IMG_9558.heic
 
IMG_9568.heic

sagulu

あるのか、ないのか、わからない。
人はわからないものを否定する。

ただただ探る。
振り返れば、すぐそこに。

 

homulu

ディスプレイに映る非現実のような現実。
皮肉にも焚きつく使命感のような炎。
今になって目を閉じても、遠くかなたに、
しかし、はっきりと。

IMG_9560.heic
 
IMG_9562.heic

saluku

ぼんやりとだけ、頭に残る。
自然とあるもの、自然としてあるもの、
折り重なって、積み重なって、
その日その日に表情を変える。
今日も歩いていく。歩いてさるく。
生きていく。

 

torawalu

人は繋がり、繋がれる。
いつでも選べるのに、
選べるはずなのに、
なぜかいつも、
近くて遠い。

IMG_9564.heic
 
IMG_9566.heic

miagelu

突如壊れたレール
どこか嘘だったレール
迷い込んだ先で見た黒
奥で見つけた光
ゴミを握り、見上げた空の
漆黒とわずかな星の記憶に
囚われず
今日もそっとだけ携えて。

 

tokelu

Chemistry & Biology. 

フラスコを飛び出した化学と生物学の融合。

IMG_9591_edited.jpg
 
IMG_9571.heic

afuleru

世の中にいるふたつのGiver。
溢れた分だけ、大切な誰かに。

 

ficru

なくてもいい。空洞でもいい。

いつの時代も、信じたものは、

信じ続けたものは、

未来を映し出すフィクション。

ficru.jpg
 

ご来場者の声

 

アートを鑑賞する機会をほとんど持てて来なかった人生ですが、びっくりするほど楽しませてもらいました!正直、抽象画とのことで理解できるかな?とか楽しめるかな?とか不安だったのですが、すごく感じるところあり素敵な時間でした。タイトルに対する絵と解説を見て、解釈や見てるイメージを感じ取れたような気がして面白かったです。作者の人となりを知ってるからこそ楽しめたとこもあるとは思うんですが純粋に絵も素敵でした。アート鑑賞の楽しさや、新しい感情の発見(アート購買感情の理解)をさせてもらえた貴重な機会となりました。

MMさん

おわりに

個展を開催するにあたり、自分なんかが…という不安に襲われました。初めて描いてみたのは2021年4月。絵をこれまで描いてきたわけでもない、画家を目指してもいない。けれど、ささいなきっかけから筆を取り、描き、本当の自分を大切な人に見せたときの小さな喜びを、少しだけ大きく育ててみたかった、心の奥に湧き立つ小さな芽を詰みたくなかった、そんな思いで開催させてもらいました。生き方は何度でも選べる − これは私が大切にしている言葉ですが、多様なキャリアを歩ませてもらっているからこそできる表現を、これからもお届けしたいと思っています。


本日はご来場ありがとうございました。

 

[bio] Hironori Satomoto

1989年生まれ。長崎県五島列島出身。高校まで島育ち。 現在は理系研究機関にてファンドレイジングを担当。農学修士。 前職は公務員税務課→NPO法人経営管理部長を経験。 物事を抽象化して結びつけることが好き。アートもサイエンスもビジネスもデザインも。 Email:hironorisatomoto@gmail.com